top of page

湯シャンの合う人、合わない人

最近、よく耳にする湯シャン、「お湯だけで良いのなら簡単だしやってみよう」と思った人はちょっと待ってください!


間違った方法で始めてしまうとニオイが気になったり、逆に頭皮にニキビなどが出来たり、トラブルが起こってしまうこともあります。


又、もともとの体質によって湯シャンが合わない人もいます。


自分に湯シャンが向いているのか確認し、正しい洗髪方法で始める事が大切です。


そこで湯シャンの特徴を説明させて頂きます!


シャンプーを使って、洗った時と比べるとお湯だけでは洗浄力は劣ります。


その為、もともと皮脂の分泌量が多い方は、皮脂が洗い落とせずニオイやべたつきが残ってしまいます。


お湯だけでは毛穴に詰まった皮脂が落とせない脂性肌の場合、炎症などが起こる事もあります。


合っていないと思った時は湯シャンを続けないようにしましょう。 


多くのシャンプーには髪にツヤを感じさせてくれるコーティング剤が入っています。


そのため湯シャンに切り替えると、ツヤ成分が補えなくなってパサついたり、指通りの悪さを感じるかもしれません。


特に髪の長い方は絡まりやすくなることがあります。


又、通常シャンプーに入っている補修成分による効果が得られなくなる為、枝毛や切れ毛が増えてしまうケースもあります。


更に時間がかかります…


湯シャンは即効性があるわけではありません。


洗い過ぎによる頭皮の乾燥は2~3日の湯シャンで効果を感じられるかもしれませんが、頭皮の皮脂バランスが変化するまでには時間がかかります。


通常のシャンプーと交互に湯シャンを行うなど、様子を見ながら長く続けていく必要があります。


早い人で半年、長くて3年かかるとも言われています。


シャンプーをしないので、洗髪時間の短縮になると考える人もいるかもしれませんが、シャンプーを使わない分、お湯でしっかりと洗わなくてはなりません。


更に、頭皮のニオイや髪の乾燥を抑えるためにも、洗ったあとのドライヤーは重要です。


頭皮に湿り気が残った状態のまま放置しないように、髪だけではなく頭皮までしっかり乾かしてくださいね。


熱く語りましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございます!




何かそれでもご不明な点がありましたら、お気軽にLUMIEスタッフにお尋ねください。


皆様のご来店、心よりお待ちしております。

Comentários


bottom of page